■ギュウ農フェス presents
映画『IDOL Never Dies 〜ざわめく彼女のmusic〜(仮題)』

電撃ネットワークのギュウゾウが主催する人気アイドルイベント『ギュウ農フェス』と、『惡の華』『片腕マシンガール』の鬼才 井口昇監督が全面タッグを組み、オリジナル映画の制作を発表。今夏、オール栃木県ロケを敢行する。なお、主要の出演者は4月3日から始まる一般公募オーディションで決定する。

井口昇監督よりコメントをいただいております。
「既に沢山の応募を幅広く頂いて感謝しております!そして、アイドルの皆様、グループに所属している方、演技経験のない方も広く募集致します!スクリーンの中でも輝いてみませんか!ぜひ、引き続き宜しくお願いします!井口昇」

《一般公募オーディション》
プロ アマ問わず『IDOL Never Dies 〜ざわめく彼女のmusic〜(仮題)』の出演者募集オーディションを開催致します。

・現役アイドル
・アイドル志望
・元アイドル
・俳優
・ミュージシャン
・パフォーマー
・芸人
・学生
・会社員
・フリーター
・他、経歴不問

・お芝居が好き!
・歌が好き!
・踊りが好き!
・ホラーが好き!
・アイドルヲタ!
・井口昇の作品が好き!
・特技がある!
・特技は無いけど自分を変えたい!
・チャレンジしたい!
・栃木県が好き!
などなど……沢山のご応募お待ちしております。

■【募集する役柄】
・10代~60代設定の男女
・主演のアイドルグループメンバー役(4〜5名)
・マネージャー役(2〜3名)
・他

【応募方法】
・今回の募集は応募フォームのみの受付となります。
・提出期間内に必要事項を明記し、応募フォームから送付下さい。
・未成年の方は必ず保護者の同意のもとで応募して下さい。
・合格者には個別でご連絡を差し上げます。

[募集期間 2021年4月3日(土)~5月9日(日)】

■オーディション応募フォーム
https://gyunoufes.com/clipmail/

《作品概要》
「地球最後の日」と予言された日に、栃木県のとある町へMV撮影のために集まったアイドルユニットのメンバー達。次々と降り掛かる「危機」に窮地へと追い込まれ「地球最後の瞬間」が迫る中で決断を迫られる……。先が見えない状況下で「地球最後のMV」を完成させるために奮闘する少女達の希望を描く青春ファンタジー。この近未来夢幻世界を『片腕マシンガール』『ヌイグルマーZ』『惡の華』の井口昇監督が描く。

■【制作概要】
時間:70〜90分(予定)
撮影時期:2021年7月(予定)
劇場公開:2022年1月~(予定)
製作:株式会社大頭 
東京都世田谷区船橋3-22-14GSハイム208
株式会社te-ge
東京都新宿区荒木町3 三宅ビル1階

■ 製作総指揮:ギュウゾウ
・プロフィール
1964年 8月7日生まれ。
パフォーマー、ロックDJ、イベントプロデューサー。
超過激パフォーマンス集団 電撃ネットワークのメンバーとして、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなど20数カ国での公演を行い、海外では「Tokyo Shock Boys」と名で知られる日本を代表するエンターティナー。

栃木県塩谷郡塩谷町立玉生小学校・中学校卒。栃木県立矢板東高校普通科卒(柔道部)。関東学院大学工学部建築工学科卒(第28代應援團長)。士道館空手道初段。

とちぎ未来大使(栃木県)/やいた応援大使(栃木県矢板市)/ふるさと観光大使(栃木県塩谷町)。

栃木県小山市で 400坪の会員制体験農園「ギュウゾウ農場」を主宰。栃木県応援音楽イベント『ギュウ農フェス』を主宰。アイドル中心の出演者で音楽と栃木県名物食のイベントを開催している。

■全面協力:ギュウ農フェス
・プロフィール
2015年にスタートした、電撃ネットワークのギュウゾウが主宰する音楽イベント。
栃木県小山市にある会員制農場「ギュウゾウ農場」を基盤に、地元・栃木県を盛り上げるとともに、将来的には栃木県内で10万人アイドルフェスを開催、栃木県内を舞台にしたアイドル映画を制作することを目標としている。
いわゆる楽曲派と呼ばれるアイドルファンから強い支持を得て、国内屈指の大人気イベントとして名を馳せ、開催の度に栃木県出身メンバーが在籍するグループを重用し過ぎることが微笑ましい物議を交わされている。

■監督・脚本:井口昇(いぐちのぼる)
・プロフィール
1966年 6月28日生まれ。
映画監督、シナリオライター、俳優。大人計画所属。

[主な監督作品]
『片腕マシンガール』『ロボゲイシャ』
『電人ザボーガー』『ゾンビアス』
『デッド寿司』『ヌイグルマーZ』『キネマ純情』『ゴーストスクワッド』『惡の華』他

[受賞]
「ファンタスティック・フェスト」
ファンタスティック部門監督賞(2011年)

■音楽監督:福田裕彦(ふくだやすひこ)
・プロフィール
1957年5月3日生まれ。
音楽プロデューサー、作・編曲家、キーボード奏者。
1980年代はスタジオミュージシャンとして1000曲以上のレコーディングに参加。
1990年、小泉今日子「見逃してくれよ!」編曲でオリコン第1位、ビクターヒット賞受賞以降は主に作編曲家として活動。爆風スランプ、宇都宮隆、宍戸留美、谷村有美などのアーティストを手がける一方、「天外魔境II」「スーパーボンバーマン2」などの大作ゲームの音楽を担当。2003年には、浜田省吾をメインキャストとしたPlayStation2ゲームソフト「Over the monochrome rainbow」を企画、総監督。
2000年代から映像分野の音楽に進出、井口昇監督作品その他の音楽を多数担当、キャリアを積み現在に至る。株式会社大頭(ダイズ)代表。

・映像分野の主な作品(『』は映画作品)
『11人いる』
『ロボゲイシャ』
『電人ザボーガー』
『デッド寿司』
「怪奇大作戦ミステリーファイル」(NHK)
『ラブ&ピース』
『Zアイランド』
「監獄学園」(TBS)
「坂本ですが?」(TBS)
「ゆうべはお楽しみでしたね」(MBS)
『惡の華』
「青きヴァンパイアの悩み」(MXTV)

・主なサポートミュージシャン
南こうせつ
鈴木雅之
爆風スランプ
井上陽水
浜田省吾
フィロソフィーのダンス